新幹線特急券と在来線特急券の組み合わせでお得に!JRの乗継割引とは何か?

ひゅうさんです。最近は私用やお仕事でJRを使う頻度が上がってきました。

さて、今回も当ブログお馴染みのJRの制度についてまた一つ解説していきます。今回は新幹線特急券と在来線特急券を同時購入で適用される乗継割引について解説していきます。注意点もあり、また複雑な制度であることから、当記事では簡潔にお伝えしていきます。

↓よろしければ他の記事も読んで下さいね↓

hyu-san.com

hyu-san.com

 

乗継割引とは?

乗継割引とは対象の駅にて新幹線から在来線(もしくはその逆)へ乗り継いだ場合、在来線特急券の特急料金が半額になるお得な制度。特急料金とはいわゆる”速度”のことであり、グリーン車利用の場合は”速度”とは別に”設備”の料金がある。従ってグリーン車利用時の場合は「特急券・グリーン券」と表示される。(=速度と設備を足したもの)乗継割引で半額になるのは特急券(速度)であり、グリーン券(設備)は割引の対象外となる。

乗継割引の対象駅は多数あるが、絞って紹介すると東海道・山陽新幹線のうち、新横浜〜新下関間の新幹線停車駅、長岡、新潟、長野、金沢などがある。(他にもあります)

例)東京から米子に行きたい

例えば、東京から東海道・山陽新幹線に乗って岡山まで移動し、岡山からは在来線特急やくもに乗って米子まで行くとする。この場合、必要な切符は東京〜米子の乗車券と東京〜岡山の新幹線特急券そして岡山〜米子の在来線特急券である。岡山駅は乗継割引の対象駅である為、岡山〜米子の在来線特急券は所定価格の半額となるのだ。

ここで注意ポイント!!

  • 新幹線から在来線特急に乗り継ぐ場合は、当日中となる
  • 在来線特急から新幹線に乗り継ぐ場合は、当日中もしくは翌日中となる

 

少し応用すれば、寝台特急サンライズ号にも適用できてしまうのだ。例えば、東京から広島に行く場合、東京〜岡山はサンライズに乗って岡山〜広島は新幹線に乗った場合は、サンライズ号の特急料金が半額に。(一部例外あり)

今回は名古屋→京都で試しました

今回は名古屋→京都で実際に試しました。名古屋→京都であれば、普通は新幹線一本で行きますよね。ですが、今回は少しでも交通費を節約したかったので、この乗継割引制度を使うことに。ルートは下記の通り。

名古屋→米原・・・特急「しらさぎ

米原〜京都・・・新幹線「ひかり」

 

当然ながら、移動時間は新幹線一本で行くよりかはかかります。ですが、たまにはこうしてゆっくり旅するのも悪くはないですね。利用したのは夜の時間帯でしたが、どちらの列車もガラガラでした...。

 

さて、肝心の料金ですがまずは所定の価格を一つずつ見ていきましょう。

名古屋→京都 新幹線・・・¥2,530(自由席)

名古屋→米原 在来線特急・・・¥1,200(自由席)

米原→京都 新幹線・・・¥990(自由席)

 

名古屋→米原は通常¥1,200であるが、米原駅は乗継割引の対象駅なので、在来線特急の料金が半額の¥600になります。(端数切り捨て)つまり、名古屋→米原を在来線特急で移動して米原→京都を新幹線で移動した場合は....

名古屋→米原 在来線特急・・・¥600(自由席)

米原→京都 新幹線・・・¥990(自由席)

こうなります!そうです、名古屋→京都を新幹線一本で行くより少し安く済むのです!あぁ、ややこしい制度だ...。説明するのも難しくて困っています、すみません。

安くならないケースもあるので注意

では、乗継割引が適用されればどの区間でも安くなるのか?否!答えはNOです!

特急料金は区間ごとに価格がバラバラである為、全てにおいて乗継割引=合計金額が安くなるとは限りませんので注意です。新幹線特急券(自由席に限る)北海道新幹線を除き、1駅だけの特急料金は割安に設定されています。(今回のような米原→京都のような1駅だけ新幹線)

まとめ

乗継割引、本当に説明するのが難しい制度です...。説明が下手で申し訳ございません...。

コメント欄にてご質問を受け付けております!ご不明点があればどしどし送ってきてくださいね。

 

地域によって乗継割引が使えるエリアと使えないエリアがありますが、機会があれば是非試してみてはいかがでしょうか?きっとお得な移動方法が見つかるかもしれません。JRの制度は非常に奥が深いので、全部把握するのが非常に困難です。しかも、それを口頭ではなくブログ(文章)で説明するとなるともっと大変です...。(言い訳ではないです!)

 

てことで、今回はここまで。次のJRネタをまた考えてきます笑

ネタのご要望も受付中です!