【人生の成功マインド術 その4】「挑戦」まずは行動を取ること

ひゅうさんです。

今回は「人生のマインド術 その4」をお届け致します。「人生のマインド術」はシリーズ化しておりますので、前回の記事も是非読んでみて下さい。

↓前回の「人生のマインド術その3」はこちら↓

hyu-san.com

↓今回のYouTubeショート動画↓

www.youtube.com

 

「行動」の種をまくこと

何事においても、始めの第一歩を踏み出すことがなければ、その先は何一つ変わりません。

勉強・スポーツ・遊び・人間関係など様々な場面においても同じです。ビジネスだって同じです。

「挑戦」

まずはこの言葉を覚えて下さい。挑戦することは誰でも可能です。失敗を恐れてはいけません。失敗をすることで得られることはたくさんあります。失敗しないと分からないことだって世の中にはたくさん存在するのです。人は「失敗」をして成長していきます。失敗を一切しない人なんていません。いるとしたらロボットくらいでしょう。

種とは何か

どんなに些細なことでも構いません。

"種"とは自分がやりたいと思っていることを実現させるための最初の材料です。

人気YouTuberの動画を見て自分もYouTuberになりたいと思ったならば、まずはYouTubeの仕組みについて調べてみる。これだけでも立派な種となります。やりたいことを実現させるために必要な材料探しをすることが大切です。

勉強やスポーツだって同じです。勉強で苦手な数学を克服したい、水泳で背泳ぎができるようになりたい。まずはそれらのやり方について調べてみたり、上手な人のお手本を見せてもらうなど行動への道はいくらでもあります。その行動を起こさない限り、この先何も変わることはないのです。

芽生えがやってくる

種をまいたことで、全てにおいて成功するとは限りません。植物だって、種をたくさんまいたとしても、いくつかは成長に失敗してしまうことだってあります。

ここで大切なことは、"種をたくさんまくこと"です。たくさんまくことによって、その先の成功への可能性が広がります。

そして、その種がきっかけで次へのステップに進む場合、その種を大切に育てる(途中で投げ出さずに継続する)ことが大切です。

せっかく芽生えた種を途中で放棄してしまっては結局失敗してしまいます。ですが、何もやらずに失敗するのと挑戦して失敗するのでは意味が異なります。挑戦して失敗することで、そこでしか得られない何かが必ずあるからです。失敗をするには何か理由があるはずです。その理由が解明できれば、その失敗は今後の鍵となるのです。

 

この先の人生、たくさんの選択肢を作れるよう、いっぱい種をまいてみましょう。