日常ネタをまったりご紹介&プチ贅沢をお届けするブログ

「おいっさー!!」掛け声響く!いくら山盛りの元祖つっこ飯「海味はちきょう 別亭おふくろ」

ひゅうさんです。

前回のラーメンに続き、北海道ネタが続きます!北海道は人気の観光地。何度行っても飽きません!食べ物は美味しい、絶景スポットいっぱい、季節ごとの楽しみ方色々。

今回は北海道札幌の夜の街とも言われている「すすきの」にあるとある居酒屋。この居酒屋の名物は「つっこ飯」と言ういくら丼が有名なのです!

 

100万人都市「札幌」

東京・大阪・名古屋・福岡そして札幌。札幌は日本の5大都市の一つです。人口は現在は約195万人前後です。北海道では人口が札幌に一極集中しています。札幌市中央区に位置する「すすきの」と呼ばれる街は夜の飲み屋さんが集まる所です。

今ではコロナ禍が原因で、その観光客の数は減ってしまいましたが、最近では戻りつつあるようです。北海道といえば「海鮮」!海鮮は道内各地でいただくことができますが、札幌都心部から一番近く、そしてインパクトのあるいくら丼は恐らく今回ご紹介するお店でしょう。

海味はちきょう 別亭おふくろ

地下鉄すすきの駅から歩いてすぐ。今回は「海味はちきょう 別亭おふくろ」というお店にお邪魔させていただきました。「はちきょう」はいくつか系列店があるそうです。

すごく人気の高いお店ですので、絶対に予約を取ることをお勧めします。このお店を予約取るのにも苦労しました...。何とか空きを予約できました。

TOPページ| 海味はちきょう

↓今回お邪魔させていただいたお店↓

海味はちきょう | 海味はちきょう 別亭おふくろ

メニュー

一部ですが、ご紹介します。いくら丼が名物のお店ですが、居酒屋ですので基本的なおつまみやドリンクは揃っています。北海道ならではの焼き魚「ホッケ」オススメです!

 

 

↑お通し↑

つっこ飯(小)

始めに言っておきます、上記写真は(小)サイズです!ご飯が一切見えません!

つっこ飯は単にいくらが盛られて運ばれてくるのではありません。まずは白米のみの丼が登場、そこにたっぷりのいくらが入った大きなボウルを店員さんが持ってきます。

「つっこ飯入りまーーーーーすっ!!」

これが合図。そうです、このお店の名物「つっこ飯」は、お客が「ストップ!」と言うまでいくらがどんどん盛られていくのです!

もちろん限度はありますが、ストップと言うまでスプーンを止めずにどんどん盛られていきます。ストップをかけなかった場合は限界まで達したら店員さんがスプーンを止めてくれます。ちなみに、上記(小)サイズはストップをかけずに限界まで盛ったものです。

YouTubeでは色々な方が動画をアップされています!是非検索してみて下さい。

残さず完食して下さい

これは必ず守らなければならないことです。店員さんからもアナウンスされます。これだけのサービスがされて残されてしまっては、お店が可哀想です。インパクト大のつっこ飯ですが、自分が食べられる分の量でストップをかけるようにしましょう。

つっこ飯以外にもおつまみやお魚・お肉を食べる場合、つっこ飯だけでもかなりお腹いっぱいになるのでお気をつけ下さい。

ホッケとお刺身盛り合わせ

「ホッケ」という魚は北海道の食卓では普通に出てくる定番の焼き魚。大根おろしに醤油をかけてホッケと一緒に食べる。これがたまりません!私はお酒が苦手なのですが、お酒好きには良いお供になること間違いなし!

身に脂がたくさんのっているので、とても身がほぐれやすく食べやすいです。

お刺身の盛り合わせ。一つ一つの身がとても大きいです!私はこの中ではホタテが一番好きでした。肉厚でとてもジューシー、これだけで海鮮丼が作れてしまいます笑

まとめ

北海道に来たらグルメがいっぱい!1日目の晩ごはんに迷ったらココ!これだけでもう満足しちゃうくらいボリュームのあるお店です。海鮮好きな方は絶対に外せないお店かもしれません。

北海道の海鮮は市場に限らず様々な所で食べることができますので、北海道旅行が初めての方は札幌都心部でお店を探してみてはいかがでしょうか。