ドラム式洗濯機AQUA『まっすぐドラム』AQW-D12Mを購入しました

〜投稿記事の順序が逆になてしまっております。ご了承下さい

ひゅうさんです。

さて、今回は大型家電をレビューしていきたいと思います。

ドラム式洗濯機!!

初めてドラム式洗濯機を買いました。今までは縦型しか使ったことがなく、以前からドラム式が欲しいなぁ〜と思っていましたが、ついに我が家にもドラム式洗濯機がやってきました。

 

AQUAって、どんなメーカー?

Panasonic東芝SHARP、日立などは誰もが聞いたことのある家電メーカーだ。AQUAはアクア株式会社という会社が冷蔵庫や洗濯機などを展開している家電メーカー。あまり聞いたことがない方もいるかと思いますが、下記の写真をご覧下さい。

コインランドリー。

皆さん、一度は使ったことがあるかもしれません。

AQUAはコインランドリー業界の約7割を占めるトップシェア。そう、コインランドリーの力が強いのです。このコインランドリーで使用されている業務用ドラム式洗濯機での技術が使われて作られた家庭用のドラム式洗濯機が今回ご紹介するAQW-D12Mである。(AQW-D12Mより多機能を加えたAQW-DX12Mもあります)

 

まっすぐドラムとは?

通常のドラム式洗濯機の場合、ドラム層が斜めに設置されています。AQW-D12M(AQW-DX12M)はドラム層がまっすぐ(水平)に設置されていますので、洗濯後の衣類のシワが付きにくく、また衣類同士が絡みにくいといったメリットがあります。コインランドリーも水平式です。

 

AQW-D12Mを購入してから何度か洗濯をしましたが、本当に衣類同士が絡みにくく、それに取り出しがしやすいのです!また、このモデルの乾燥機能はヒートポンプ式が使われています。ヒートポンプとは除湿機のような乾いた空気をドラム内に循環させてゆっくり乾燥をさせます。温度は約60〜70度くらいです。一方でヒーター式の乾燥機とはドライヤーのような熱い風を直接衣類にあてて乾かす方式です。

 

違いを簡単にまとめると、

ヒートポンプ→低温乾燥

ヒーター式→高温乾燥

です。ちなみに、電気代は機種にもよりますがヒーター式のドラム式洗濯機の方がヒートポンプ式と比べて少々高い傾向にあります。ですが、ヒーター式は高温乾燥である為、衣類の除菌効果はヒートポンプ式より優れています!

大容量なのにコンパクト

正面からだと反射してしまい上手く撮れない為、横から撮影しました。

 

写真だと中々伝わりにくいかもしれませんが、このコンパクトさで容量は12kgもあるのです!ここまで寸法が小さく12kgという大容量は現時点ではAQUAだけです。なぜ12kgを購入したのかというと、布団やカーテンなどといった大物を自宅で洗濯をしたかったからです。今まではコインランドリーに通っていましたが、いつかは自宅で...と以前から思っていました。

 

現在私は単身用のアパートに住んでいる為、どうしても洗濯機置き場に置ける洗濯機の大きさが限られてしまいます。洗濯機を購入する前に業者の方が下見しをしに自宅まで来られたのですが、ドラム式で洗濯容量が12kgの洗濯機を置くとなると、このAQUAだけが唯一収まる結果に。他のモデルも希望したのですが、どれも工事が必要とのことでした...。私は仕事上どうしても転勤が発生するので、もし仮に今の自宅にもう少し寸法が大きい洗濯機を置けたとしても、引っ越し先で収まらないと大変なことになるので、今回のこのAQUAは非常に満足しています!単身者用の比較的小さい防水パンでも置けてしまいます!

AQW-D12Mに洗剤自動投入機能は付いていない

最近のドラム式洗濯機は洗剤自動投入機能が当たり前ですが、今回私が購入したモデルAQW-D12Mは洗剤自動投入機能は付いていません。上記写真の通り、洗剤・柔軟剤は自分で計って投入します。(AQW-DX12Mには潜在自動投入機能が付いています!)

そもそも、私は潜在自動投入機能なんて必要ありません。

だって、粉洗剤使いますから。笑

そうです、私は粉洗剤を使用します。ちなみにアタックです。やっぱり粉洗剤の方が洗浄力は液体洗剤やジェルボールに比べて高いですし、コスパが最強です!私は今後も粉洗剤を愛用します笑

 

洗剤自動投入でもう一点気になることは、途中で液体洗剤・柔軟剤の種類を変えたいときです。自動投入はもちろん便利ですが、その分掃除の手間が増えますし、洗剤・柔軟剤の種類を変えたいと思っても、今自動投入のタンクに残っている洗剤を使い切ってからでないと新しい洗剤を入れることができないからです。

 

手動で洗剤を計って投入することは私は別に苦ではないので、今まで通り手動で続けます。

 

次週、「ドラム式洗濯機AQUA『まっすぐドラム』AQW-D12Mのレビュー その2」を公開します!

 

↓この記事の続きはこちら↓

hyu-san.com